注文住宅とは?メリット・デメリットを徹底解説

注文住宅とは?メリット・デメリットを徹底解説

人生で一番大きな買い物になる「マイホーム」。
せっかくなら、自分のこだわりや要望を自由に盛り込める「注文住宅」で建てたいですよね?

しかし、はじめての家づくりでは、「そもそも注文住宅って?」
「建売住宅との違いは?」「本当に注文住宅で建てる必要があるの?」
といった多くの疑問が浮かぶと思います。

このページでは、注文住宅に関する基礎知識はもちろんのこと、注文住宅で家を建てるメリット・デメリットをご紹介します。
夢のマイホームづくりに失敗しないためにも、メリットは大きく、デメリットは小さくできるよう確認しておきましょう。

注文住宅の特徴や種類、建売住宅との違いとは?

自分のこだわりや要望を自由に実現できる「注文住宅」は、マイホームに強いこだわりを持つ方にとって非常に魅力的な建築方法です。

注文住宅で家を建てる方法には、コンセプトやデザイン、間取りや設備に至るまで“自由な設計”ができる「フルオーダー住宅と、住宅メーカー(工務店)の決められた仕様の設備から“セレクトして設計”する「セミオーダー住宅の2種類があり、家づくりのこだわりや予算に合わせて好みの家づくりを選択できます。

この他にも、土地と既製品の住宅をセットで購入する「建売住宅」という選択があり、”こだわりよりも時間と費用を優先したい!“という方は、この建売住宅を選択するケースが多いようです。

では、「注文住宅と建売住宅にはどんな違いがあるのか?」「そもそも注文住宅で建てられる家にはどんな特徴があるのか?」注文住宅の基本的な知識から、注文住宅はどんな人にオススメなのか?までご紹介します。

注文住宅とはどんな家?

注文住宅とは、その名の通り注文してから建築に取り掛かる住宅のことです。

建物の外観、内装、間取りなどを依頼者が計画し、注文を請けてから建てることになります。そのため、商談の段階ではまだ”買うモノ”自体が存在していないという、普通の買い物とは違った特徴を持っています。

簡単にいうと、依頼主の要望に沿って建てられる新築住宅ということです。
「マイホームと言えば注文住宅」というイメージが強いかもしれませんが、実は注文住宅には2種類あるのをご存じでしょうか?

2種類の注文住宅「フルオーダー」と「セミオーダー」

一口に注文住宅といっても、「フルオーダー住宅」と「セミオーダー住宅」の2種類があり、”どちらを選ぶべきなのか分からない”という方も多いのではないでしょうか?

フルオーダー住宅とは、木材や断熱材、窓の種類といった家を建てるために必要な物をほぼ全て依頼者が指定する建築方法です。いわゆる「オーダーメイド」で家を建てる方法で、何度も繰り返し打ち合わせが必要になり、要望を盛り込むほど費用もかかるので、時間や費用よりも要望を重視したい人にオススメと言えます。

一方、セミオーダー住宅は、ハウスメーカーが基本的な仕様を提案し、その上で住宅設備や外壁の色、間取りなどを指定します。こちらは「セレクト型」となっており、全体的に費用が高くなるフルオーダーと違って、こだわらない部分のグレードを下げることで予算の調節が可能です。ある程度のこだわりを実現しつつ、コストもなるべく抑えたいという方にオススメの方法です。

依頼主がすべてを決めるフルオーダー住宅には、依頼主側にも建築知識が必要な上、多くの時間と費用がかかるため、最近ではセミオーダー住宅を選ぶ方が多い傾向にあります。

また、注文住宅以外にも、新築住宅の種類には「建売住宅」という手段もあるので、ご自身の要望に合った新築住宅を選ぶため、こちらの違いも把握しておきましょう。

注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅と建売住宅の大きな違いは、「家を造る」か「家を買う」かでしょう。
建売住宅とは、土地と住宅をセットで販売している新築分譲住宅で、あらかじめ建てられた住宅を土地とセットで購入する方法です。

注文住宅よりも比較的安くすぐに入居できることが大きなメリットで、時間・費用を優先したいという方にオススメの方法です。また、購入前に完成された家を確認できるので、入居後に「思っていたイメージと違った…」という失敗もなく、決められた値段で購入できるため予算をオーバーする心配もありません。

しかし、建売住宅は既製品の家を購入することになるので、注文住宅のように独自のこだわりを盛り込むことはできず、住宅設備や内装も平均的なグレードになることは否めません。

注文住宅と建売住宅の違い(メリット/デメリット)
注文住宅 建売住宅
費用が高い 注文住宅より割安
完成するまで実物が確認できない 契約前に実物を確認できる
設計打合せや住宅ローン手続きなどの手間が多い 土地もセットで購入するため手続きの手間が少ない
自分の要望が実現できる 既製品のため要望を盛り込めない
設備や仕様を選択できるのでコスト調整ができる 設備や仕様は平均的なグレードで収まる
建築過程からチェックできる 内部の構造が確認できない

なるべく早く入居したい、忙しくて時間が取れない方にとって、建売住宅は大きなメリットを持つ建築方法と言えるでしょう。

注文住宅と建売住宅の違いについて詳しく知りたいという方は、「建売住宅と注文住宅の費用やメリットの違いを比較」の記事も参考にして下さい。

建売住宅と注文住宅どっちがいい?費用やメリットの違いを比較して決めよう

「建売住宅と注文住宅、どっちが良いのか?」家づくりを考えている多くの方が迷うポイントですよね。ここでは、建売住宅と注文住宅のメリット・デメリットを比較して、費用や寿命などの重視すべき条件から「どちらが合っているか」をご紹介します。

注文住宅はこんな人にオススメ!

注文住宅という家づくりの選択について分かったところ、実際に家を建てるにあたって、注文住宅はどのような人にオススメなのでしょうか?これまでにご紹介したメリットから、その条件をまとめてみました。

注文住宅はこんな人にオススメ

  • 費用や時間よりも優先したいこだわりがある
  • 建売住宅では実現できない要望がある
  • 実現させたい要望があり、建築費もなるべく抑えたい

まとめてみると「家づくりに強いこだわりを持っているか」が大きな分け目となることが分かります。また、家づくりの方法別で見ると、

  • 費用や時間を優先したい方は『建売住宅
  • こだわりや要望を優先したい方は『注文住宅
  • 要望を実現しつつ、建築費も抑えたい方は『セミオーダー注文住宅

がオススメと言えるでしょう。

次は、注文住宅で家を建てるメリットをご紹介します。上のオススメ条件に当てはまった方は特に、注文住宅のメリットを大きく受けることができると思うで、ぜひご覧ください。

注文住宅で家を建てる”4つのメリット”

注文住宅といえば、やはり最大の魅力は”自由な家づくり”ができることです。
こだわりや要望はもちろんのこと、予算の調整やコストダウンまで自由に決めることもできます。それでは、注文住宅で家を建てる4つのメリットを見てみましょう。

注文住宅の最大の魅力は”自由度の高さ”

注文住宅の最大のメリットは、皆さんご存じの通り、家に関わるすべてを決められる”自由な家づくり”ができることです。

外観、間取り、住宅設備などはもちろんのこと、建売住宅では難しい要望も実現することができます。例えば、
「洋服を広々と収納できるウォークインクローゼットが欲しい!」
「車を出て家に入るまで雨に濡れないよう、ビルトインガレージにしよう!」
「”家に帰ったら手を洗う”が簡単にできるよう、玄関に手洗いを設置したい!」など、
あなただけのアイデアを自由に反映することができるので、世界に一つだけの家を造ることができます。

建築段階からチェックできる

前述したとおり、注文住宅は依頼者の要望が固まってから建築を始めるため、建築段階から打ち合わせして細かな部分までチェックすることができます。

また、注文住宅は建築中の家を見学することもできるため、良い意味で施工業者のプレッシャーとなり、建売住宅に比べて手抜き工事・欠陥住宅が圧倒的に少ないと言われています。

建築段階からチェックできるということは、建築途中の写真を撮って後から不備が見つかった場合の証拠にできるといったメリットにもなり、床の傾きや雨漏りなど入居後のトラブル回避にも繋がります。これらは、建売住宅では得られない注文住宅ならではのメリットと言えるでしょう。

予算の調整やコストダウンも自由

注文住宅は、家づくりのこだわりを費用を掛けて実現できる一方で、反対にこだわりの薄い設備や仕様に関しては、グレードを下げるなどコストカットも自由に選択できます。

「毎日使うこだわりのキッチンは思い切って最上位のグレードに、その代わり来客の目につきにくい2階の収納・トイレのグレードを下げて予算を調節しよう!」といったふうに、自由に予算を調節することができます。また、壁を少なくして間取りを工夫したり、家の形を凹凸の少ない形に変更することでも建築費の増大を防ぐこともできます。

注意点として、こだわりを優先しすぎるあまり、耐震・耐火性に関わる部分や断熱材をコストダウンの対象にしてしまうと、家本来の役割として不足してしまうのでご注意ください。

「細部までこだわりつつ、極力コストも抑えたい。」という方にとって、予算の調節が自由にできることは大きなメリットとなるはずです。コストダウンの方法は他にもたくさんあるので、ぜひ下記のサイトをご参考に予算を調節してみてください。

家づくりを依頼する住宅メーカー・工務店を選べる

依頼する住宅メーカーを選べるということは、評判の良い会社を選ぶことはもちろんのこと、自分の要望に沿ったプランが得意な会社に家を建ててもらうことができます。

例えば、木材の性質についての知識が豊富な「住友林業」、高い断熱性と地盤に負担をかけない軽量性を兼ね備えたコンクリートを使う「ヘーベルハウス」、大収納空間の”蔵”を住まいに導入できる「ミサワホーム」など、ハウスメーカーによって様々な特徴があります。

家へのこだわりが強いならば、その家を建てる会社にもこだわってみるといいかもしれません。あなたの求める要望とハウスメーカーが得意とする分野がマッチすれば、満足できるプランやもっと良いアイデアを提案してくれるはずです。

また、インターネットの口コミを参考にしたり、注文住宅を建てたことのある知り合いから話を聞たりして、ハウスメーカーの評判を比較するのも良いでしょう。

注文住宅で家を建てる”3つのデメリット”

ここまでのメリットを見て心に響いた方には、注文住宅がピッタリだと言えるでしょう。
しかし、メリットがある反面もちろんデメリットも存在します。実際に家づくりに取り掛かってから悩むことが無いよう、あらかじめ注文住宅のデメリットも知っておきましょう。

価格が高く予算オーバーしやすい

注文住宅は、”自由な家づくり”というメリットを持つ反面、その分費用も高くなってしまうことが最大のデメリットと言えるでしょう。

建物の価格に加えて土地の値段も上乗せされるため、あらかじめ多めに予算を設定しておかなくてはなりません。

例えば、「当初の計画では予算内に収まっていたものの、外壁をレンガタイルに変更したり、太陽光発電システムを取り入れたり、自分の要望を盛り込んでみると結果的に予算をオーバーしてしまった…」ということがよくあります。

その場合、「屋根があっても車は濡れるし、カーポートは省こう。来客の目につきにくいパントリーの扉を無くそう。」といったふうに、注文住宅のメリットである”自由に予算を調節・コストダウンできる”ことを活かして、どうしても譲れない部分を残しつつ予算をうまく調整しましょう。

注意点として、こだわりたい部分を無理に下げてしまうと、入居してから「やっぱり良い物がよかった…」と、満足のいかない暮らしになってしまうことが多いので要注意です。

また、最近では質の高いローコスト住宅も増えているため、予算に余裕の無い方でも注文住宅を選択するケースが多くなってきました。しかし、ローコスト住宅は一歩間違えると欠陥住宅にも繋がってしまうため、あらかじめ失敗しないポイントを抑えて選ぶ必要があります。

前述したように、こだわらない部分でコストを削減して、うまく予算内に収めることを心がけましょう。

注文住宅の相場・価格はいくら?平均予算と坪数で分かる!家を建てる費用の目安

注文住宅の価格・相場は「坪数」「予定地」「土地のアリ・ナシ」によって大きく違い、住宅メーカーの選択次第で価格や予算の相場も随分変わります。『平均的な相場より費用を安く抑えて理想の注文住宅を建てたい!』と考える方必見!注文住宅の相場や費用、予算決めの方法やコストダウンのコツなどまとめました。

入居までに時間がかかる

注文住宅は、即入居できる建売住宅に比べて相談事項が多く、契約をしてから着工するため、入居までに長い期間が必要になります。

注文住宅へ入居するまでの流れとしては、

  1. 準備期間(約3~4ヶ月)
  2. 契約~着工まで(約3~4ヶ月)
  3. 着工~完成まで(約3~6ヶ月)

と、一般的に入居まで8~15カ月程度かかるケースが多く見られます。

その上で、土地と建物の契約や施工業者との打合せ、レイアウトや間取り、設備の要望など、こだわりが多ければ多いほど、家が完成するまでの時間が長くなってしまいます。特に、家づくりにかける機関の長さは「1.準備期間」に大きく左右され、こだわりの強い方は、準備期間だけで1~2年かける場合もあります。

この「入居までに時間がかかる」というデメリットを軽減するには、あらかじめ「家が建つまでの手順や流れや、完成・入居までの期間」を前もって調べておき、入居したい時期から逆算して計画的な家づくりをしていくことが大切です。

「注文住宅はどれくらいで建つの?」「どんな手順で完成まで進めるの?」と気になった方は、「注文住宅が建つまでの期間は何ヶ月?」をご参考ください。

注文住宅の家が建つまでの期間は何ヶ月?

注文住宅の家が建つまでの期間は約8~15ヶ月と言われています。ここでは、余裕のあるスケジュールを組むためにも、土地探しや打ち合わせの期間、住宅ローンの審査にかかる期間、着工から完成までの期間など、注文住宅を建てる際に必要な期間を工程別にご紹介します。

完成品・実物を見ることができない

前述したとおり、注文住宅は契約後に建築するため、契約の段階では完成品・実物を確認することができません。

マイホームが完成してからいざ入居してみると、日当たりが悪い、車が停めづらい、家事動線が複雑、といった失敗が見つかる可能性も考えられます。構想の段階でパース(3Dイメージ図)を確認したり、実際の失敗例・成功例を参考に、そこで暮らしている自分たちをしっかり想像することが大切です。

また、周りに家を建てた方がいれば、その人に成功談・失敗談を聞くことも有効な手段です。「新築注文住宅の失敗談&後悔しないポイント」にも、間取りやキッチン、窓や電気、外観・外壁などの失敗例をまとめています。ぜひこちらの記事も参考にしてみて下さい。

新築注文住宅は後悔ばかり?間取りの失敗談&後悔しないためのポイント

注文住宅で失敗しないために知っておくべき知識をご紹介!よくあるキッチンや外観・壁紙の失敗は、初めての家づくりでは気づきにくいポイントばかり。新築で後悔しないためにも、過去の失敗談・失敗例をもとに、あらかじめ注意すべき項目を把握しておきましょう。

「注文住宅とは?メリットとデメリット」のまとめ

ここまで、注文住宅とは?どんな人にオススメ?といった基本から、注文住宅で家を建てるメリット・デメリットまでご紹介してきました。

注文住宅のメリット
  • 自由度が高い
  • 建築段階からチェックできる
  • 予算の調整やコストダウンも自由
  • 家を建てる住宅メーカーを選べる
    注文住宅のデメリット
    • 価格が高い
    • 入居までに時間がかかる
    • 完成品や実物を見ることができない

      これらのメリット・デメリットを照らし合わせたうえで、うまく予算内に収めた理想の家づくりを目指しましょう。

      "理想の家づくり"を成功へと導くアイデアブック、時短で効率のいい方法で手にしませんか?しかも無料で。

      家を建てる」という行動は、多くの方にとってはじめての大きな決断。
      そのため、理想のマイホームを建てるための情報収集にジックリ時間を掛けている方もいれば、何から手をつけていいか分からず、ぐるぐるとネットサーフィンを続けてしまっている方もいるはず。

      理想の家づくりを成功させるために、まずはじめに取り掛かるべきことは『新しい住まいのイメージ固め』と『快適な暮らしの実現に向けた情報集め』の2つです。
      この2つをギュッと凝縮させた「家づくりを成功へと導くアイデアブック」が存在するなら、手軽な方法で手っ取り早く取り寄せて、数冊は手元に置いておきたいと思いませんか?日々忙しくされている方ならとくに!

      その方法が『注文住宅カタログの一括請求サービス』です。
      さらに、数多く存在する住宅メーカーの商品プランから、家づくりの条件や要望にピッタリ合ったカタログ資料を比較・検索できるのが『LIFULL HOME'Sのカタログ比較・一括請求』です。しかも、サイトの利用はもちろん!カタログ請求まで全て無料で使える優れモノ。

      LIFULL HOME'Sのカタログ比較・一括請求

      LIFULL HOME’Sの注文住宅カタログ一括請求をオススメする”3つの理由”

      • 提携するハウスメーカー数が業界トップクラス!住宅展示場に出展していない住宅メーカーのカタログも手に入る!
      • 家づくりの希望や条件を指定して検索・比較ができるので、建てたい家のイメージに合ったカタログを無駄なく集められる!
      • カタログ請求すれば無料で貰える!理想の家づくりに役立つヒントが凝縮された特典資料「はじめての家づくりノート」

      LIFULL HOME'Sのカタログ一括請求を利用すれば…。

      「はじめての家づくりノート」を使って、予算の組み方や住宅ローンのことや
      スケジュールの立て方など、家づくりに必要な知識が身についた!

      気になった住宅メーカーのカタログ資料を見ていくたびに、
      住宅設備の工法や構造の違い、ハウスメーカーの特徴まで人一倍詳しくなれた!

      漠然としていたマイホームへの憧れが、
      家族全員の希望や要望を叶えるための「理想のマイホームプラン」へと大きく形が変わった!

      ひと昔まえなら当たり前だった『住宅展示場にとりあえず行ってみようか…。』が、今では『家づくりの情報は自宅にいながら効率よく取り寄せる。』が当然の時代に。インターネットを有効活用する皆さんであれば、これを使わない手はありません。

      ちなみに、手当たり次第に住宅カタログを取り寄せた筆者を例にすると…。
      大手ハウスメーカーから工務店にいたるまで、たくさんのカタログ資料がドッサリ届きました。

      注文住宅カタログを一括請求して届いた資料の画像

      LIFULL HOME'Sさんによると『注文住宅を検討する人は平均5.7社に問い合わせる』とのことです。理想の家づくりを成功させるために、住宅カタログ比較・一括請求サービスは本当に役立つオススメの手段です。少しでも興味を持たれた方は是非一度、お試しでサイトにアクセスしてみて下さい。